43
感情を大きく動かす3つの要素と言われている『GDT FORMULA』
Goals:目標
Desires:願望
Teasers:本性
セールスレターを書く際に、これらの要素を主にヘッド・サブヘッドに散りばめることによって反応が高いレターが書けるようになります。

この3種類(GDT)の要素をより細かく見ると合計で9つの要素があります。
9つの要素を多く含むコピーが書けるとより強力なオファーになり、高い反応を獲得できます。

Goals:目標 → 時間、お金、努力
Desires:願望 → 貧欲、好色、快適
Teasers:本性 → 希少性、興味性、反社会性

9つ全てを盛り込む必要はないが、1つでも多くの要素を含めるとそれだけ感情が動くコピーになります。
セールスレターを書く際には意識してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です